苫小牧市とは

tomakomai

人口はおよそ17万人強で、北海道内5番目の人口規模を誇り、現在も人口増加傾向にある。 明治期から製紙業が発展し、街の中心部に製紙工場が存在する。古くから「紙のまち」として有名。

郊外にはラムサール条約登録湿地となったウトナイ湖をはじめとする湿地帯があり、近くにはバードサンクチュアリがあるなど郊外には豊かな自然が残っている。

市は横に細長く、太平洋に面したコースとラインが続き、漁業も盛んであり、水揚量日本一を誇る苫小牧のホッキ貝は有名である。

車でのアクセス

札幌から車で道央道苫小牧東IC/苫小牧西ICまで約60分

新千歳空港から車で約20分

電車でのアクセス
札幌からJR札幌駅→JR苫小牧駅まで特急で約45分
新千歳空港まで…

青森から約50分

秋田から約55分

仙台から約70分

新潟から約75分

成田から約95分

東京から約90分

名古屋から約105分

大阪から約130分

福岡から約155分

海路

八戸から約8時間

大洗から約19時間

仙台から約15時間

名古屋から約39時間

秋田から約12時間

新潟から約19時間

敦賀から約33時間