detail_main

ホッキ

material01_01

苫小牧産のホッキ貝

漁期は7月~11月と12月~4月の年2回で、産卵期の5~6月は禁漁。地元では刺身やカレーにして食べる

黒くて大ぶりで身が厚い!苫小牧ホッキは味も日本一

13年連続水揚げ量日本一を誇る苫小牧のホッキ漁。プランクトンの多い海域で粘土質の砂地に生息し、殻の色が黒く、黒ボッキ呼ばれ市場価値が高い。苫小牧産はふっくらと身が厚いのが特徴。

 

徹底的な資源管理で、脈々と受け継がれる苫小牧ブランドを守る

他地域では殻長7.5cmのところ苫小牧では殻長9cm以上のホッキだけを漁獲するという独自の基準を設けて、資源保護に努めています。

私たちがまもっています!

detail01_02

detail02_01

道産小麦「ゆめちから」

やきそばの影の主役こそ、この専用麺。とりあえず逢海の奥店長も「この麺じゃなければできなかった」と惚れ込む

コシともちもち感の秘密は道産小麦「ゆめちから」

パン用としても人気が高い北海道産の超強力粉「ゆめちから」を100%使用したやきそば専用麺を今回のために開発。強いコシともちっとした食感が魅力。その特徴を生かすためにため太麺に仕上げた。

数種類の道産小麦を試し「ゆめちから」に白羽の矢!

「ゆめちから」を初めて中華麺にしましたが、色がきれいで、何より食感がいい。ホッキやきそばが定着することに期待しています。

私がつくっています!

detail02_02

もやし

detail03_01

苫小牧産のもやし

クリーンな環境の中で育てられる丸善市町のもやし。全道のスーパーで取り扱うほか、業務用としても評価が高い

おいしさの決め手は湧水!シャキシャキの食感を堪能

苫小牧は道内で上位3位に入るもやしの生産地。丸善市町では御前水のミネラルウォーターを使ってもやしを生育する。みずみずしく、熱を加えてもシナッとせず、シャキシャキの歯応えが特徴だ

良質な種豆と管理。おいしい水が育てた、もやしを味わって

新・ご当地グルメは通年提供が原則のため、安定供給可能なもやしを食材に選んでいただきました。苫小牧のもやしをご賞味ください。

私がつくっています!

detail03_02